Ode

2018

Alana Wilson, Japan, Minokamo, Crossing, Ode, Gallery
Alana Wilson, Japan, Minokamo, Crossing, Ode, Gallery
Alana Wilson, Japan, Minokamo, Crossing, Ode, Gallery

Ode

Ode consists of 17 individual ceramic works, harmonising the utilitarianism, technical glaze experimentation, and conceptual intimations which I am consistently investigating.

A film entitled Think Of All The Threads That Bind Us is projected alongside the works, highlighting the beauty of decay and deterioration and acting as a reminder of the passage of time.

 

The forms remain at an intimate scale, referencing traditional and ancient utilitarian vessels to highlight the essential reverence of the origin of the vessel. Paperclay (both porcelain and terracotta) has been coiled, hand-worked and beaten into shape, whilst considering containment of space and a graceful balance to the final form. Edges have been flared, pinched and beaten. Rims of some are undulating and elegant, forming a wave-like sensation when encircled or spun.

The ever-inquisitive textural explorations are kindred to the rock pools, reefs and seascapes viewed from my studio in Sydney, Australia.

 

Vaporisation, flashing, oxide remnants, pin holing, pitting, and crazing all declare a chemical story of the subtle destructions that occur in the kiln. Firing to 1260ºC allows the metamorphosis of surface degradation to be captured, appearing to exist in a state of motion and decay, even once cooled.

 

Perforations and sgrafitto purposely deface the form or glaze, attesting to an ongoing questioning around the importance of change, decay and destruction - both in my work and in my life.

Embedded in the body of work is also a personal stream of connotations - alluding (in reverence) to the work of John Divola, Cy Twombly, contemporary rap lyrics, and a sense of gestural motion.

 

While the works are essentially contemplative, the ode to traditional form seeks to honour the enduring nobility of the vessel and it's foremost function - to hold or to carry. These quiet meditations into the beauty of the utilitarian attempt to captivate and impel the viewer beyond the physicality and functionality of the works.

“Ode(叙情詩・讃歌)”は、私が一貫して取り組んでいるコンセプトー日常的に使用される「器」としての実用性と、実験的な釉薬の研究の調和ーに夜17の作品群によって構成され、

“Think Of All The Threads That Bind Us”と題された映像作品と共に、見る者に、朽ちて崩れゆく様の美しさと時の経過を想起させます。

これらの作品は古典的・伝統的な「器」のフォルムに倣って制作され、器というものの起源とその本質への敬意が込められています。

 

作品は紐状にした粘土を積み上げ、手で叩きながら成形し、内部の空間、最終的な美しいフォルムのバランスを考慮して、手びねりで成形されています。

いくつかの器の縁は優雅に波打ち、回転した時には波のような感覚を覚えます。

オーストラリア・シドニーにある私の工房から眺める岩のプールやサンゴ礁、海の魅せる景色のテクスチャーは常に魅力的で、私の好奇心を刺激するものです。

 

気化、炎の煌めき、酸化焼成における窯の残留物、表面にできた小さなピンホール、くぼみやひび割れはすべて、窯の中で生じた繊細で神秘的な破壊の科学的物語の表層です。

1260℃の温度で焼成することで、器の表面が劣化していく様子を見ることができます。

それは一度冷却されても、まるで朽ちていく過程がなお進行中であるかのようです。

 

私は、穴をあけることや掻き落としによって、意図的に作品の形や釉薬の美しさを破壊させています。

それは、作品と人生の両方において、変わりゆくこと、朽ちて壊れること、それらの重要性をめぐる、現在進行形の問いかけです。

また作品の中には、ジョン・ディヴォラ、サイ・トゥンブリー、現代ラップミュージックのリリック、身振りや動作から感じるもの、

それらに敬意を込めて言及する、私の個人的な文脈も含まれています。

 

作品群は本質的に、瞑想しているかのような静かな佇まいで、そこに存在しています。

私が伝統的な器の形へ寄せるOde(叙情詩・讃歌)は、永年変わらぬ器の気高さと、その第一の機能である実用性、容れ物であること への敬意を示しています。

これら器の実用性と心の充足の重要性への静かな考察は、見る者を作品の物理性と機能性を超えて魅了し、駆り立てようとする試みです。

 

アラーナ・ウィルソン

  • Instagram Basic Black

© ALANA WILSON  2019